OAフロアのご紹介

フォルダ

見た目もすっきり、能率もアップ

オフィスの使い勝手に大きな影響を与えるのが、電話線やLANケーブルなどの配線です。現代のオフィスには大量のパソコンや各種通信機器が不可欠ですから、その配線も膨大な数になります。いろいろな配線がごちゃごちゃと混在していると、見た目が良くないだけでなく、業務の能率が低下してしまいます。例えば机一つを移動させるにも、いちいち配線を確認する必要がありますし、電源コードに足を引っ掛けてしまい、作業中のデータが失われるといった事故も起こりえます。このようなトラブルを防止し、オフィスの効率化を促進するために、OAフロアの導入が注目されています。オフィスの床を二重にして、各種の配線をまとめ、すべて床下に収納してしまうのがOAフロアの特徴です。こうすることで、まず床の上を這いまわるケーブルがなくなり、すっきりした外観になるとともに不慮の事故が防げます。またパソコンをはじめOA機器を自由に動かせることから、オフィスのレイアウトも簡単に変更できます。さらに床の清掃が楽になるといったメリットもあります。OAフロアにもいくつかの種類があり、そのうち高さが固定されているタイプは、短期間で施工できてコストも比較的安いのが特徴です。また高さを自由に変えられるタイプは、施工に多少時間がかかりますが、耐荷重が高く丈夫なのが利点です。オフィスの広さやOA機器の数、費用対効果などを考慮して適切なものを選ぶことが大切です。

Copyright© 2019 企業間のデータ転送は大容量、だから安全に送信するサービスが重要 All Rights Reserved.